1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豪快!大漁! 祝!音楽配信!

  • 2008/07/16(水) 20:11:39

昨日の7時半に富士市の遠藤組に着いて、今日の釣りの談義をしていると、6月1日に此処でライブご一緒させて貰った晴美さんとAKIRA君が登場!AKIRA君は今日も由比ガ浜でアオリイカのジギングをして来た帰りで、オイラが来たことを祐さんから聞いてわざわざ晴美さんも呼んでの登場、来週「あだん」のテーマソングのVoをお願いしているので、それだったらピアノがあればKey合わせが出来たのに、悔しいが音源をファイルで送って確認しよう!
この写真は出船前の港の様子5時半出船
海渡(カイト)で田子の浦港(今は本当に綺麗になっていてビックリ)からの出船。

5時半ピッタリに出港、15分程で富士川河口の沖合い300-500Mの漁場に到着、今は船長28歳の跡取り息子さんが、「下ろして見て~!20Mから上で~す!」これを魚探で見ながら、繰り返して移動するのです。

メタルジグこのような鉛製のJIG HEAD(30g前後)他の人たちは80g(重!)を棚(魚がいる魚層)迄一気に下ろしてジャークジギング(逃げ惑う小魚を装う引き方)で魚を誘う!

後は、満月の大潮で潮周りが良く、潮目(濁りが混ざっている境目)に魚がシラス(鰯の稚魚)を喰っている中にJIGを暴れさせると、体当たりで太刀魚がHIT!HIT!HIT!(魚が針ががりする事)の船内大騒ぎ、最初こそ太刀の鋭い歯で、JIGを海に献上しましたが、要領を得てからは7連続釣り上げを含め、船内多分3番目の50匹オーバー祐さんと合わせて80匹オーバー(数える元気が無かった)
喰いが立つと(引きが激しくなる事)太刀は水面に迄追って来て、見釣りが出来、ジャンプまでする始末で、こっちも大興奮で祐さんの知り合いの船ですから「そこの2人うるさいよ!他のお客さんの邪魔しないように!」とからかわれる始末も心地よし!
自ら噛み付く太刀魚これは、鋭い歯で自らを噛み付いて丸くなった太刀魚。

大漁話に花が咲く帰港中の船内大漁話に花が咲く船内(こっちを向いて仕切っているのが祐さんです。)

5時45分から10時20分の納竿迄、4時間半の釣果で、オイラは満足で11時には陸(オカ)に上がっても、船の揺れを感じながら遠藤組へ。

オイラは船宿で買った1000円の発砲クーラーケースに入るだけの太刀を入れるがこの通りの数です。
釣果80匹超え?

先程までお世話になっている胡麻の会の会長、幹事長、農具を借りている養鶏場の社長やら、スタジオにも分けて来て、物々交換で大根を頂く。物々交換の大根

やはり、気になるのは畑です。発芽状態16日今日はこんな感じでどんどん延びている。

未だ、発芽していないところを確認して種が入っているか?調べると蛾の幼虫ヨトウ虫がヨトウ虫(根切り虫)
こいつは根切り虫とも言われ、胡麻の幹をばっさり切る厄介な奴が出て来ました。
最初に石灰窒素で対策しているにも係らずに発見とは、被害が大きくならない事を願うばかりです。

でも、昨日は全国の漁業関係者のスト明けでしたので魚は喜ばれましたが、燃料の底知ずの高騰は全ての産業に取って逼迫した問題です。今日は8000円で元は取れましたが、次回は幾らになるのかな?

APRILBAND記念すべき配信初日を祝って大漁報告でした。
さぁ、皆さん!大漁唄い込み!でLet's DOWN ROAD宜しくお願いいたします。


8月に入ると、今度は「戻りカツオの入れ食いの情報が入り次第突撃に来い!」との祐さんの指令が最後に入ったのは、かくも当然の事、だって祐さんより沢山釣ってしまった事は、リベンジの機会を与えないと一抜けは許されないのが、この世界ですから。

でも、また次回もオイラに軍配が上がると思いますよ!祐さん!

バンドプロフィールのBASS200匹以上は2000匹以上の誤りですよ!WEBマスターさん!
伊達に釣り暦40年じゃないって事です。




スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。