1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胡麻ポット作りとロングホールの播種

  • 2008/08/01(金) 00:00:22

朝、お早いお帰りのアサギマダラを一匹発見。戻りアサギは、行きよりも色鮮やかです。
花が咲いた草に泊まって蜜を吸っているのか、携帯の写真を近づけても逃げないのでパチリ。アサギマダラと我が愛車RAV4後ろの車は愛車RAV4君です。

今日は朝方少し晴れただけで終日曇り、根きりの被害を避け、移植の準備に水成栽培を一時して根が(網細根が切れる)復活するまで4日間位置いての移植の為の胡麻ポットを村内のスーパーSELBAの魚屋の社長から発砲の箱を10個頂きまして、皆さんがぼうぼうに植えてくれた胡麻達は、間引きを逃れ、移植の為にポットで養成中です。
結果、この苗たちがあるために、移植をすればかなり畑が復活しそうですよ。(根きりの被害からも逃れられる)

畑に行く途中に、農協へ先日の根きりトラップ(フェロモンルアーと正式には言うらしい)は根きりのフェロモンは無いことが判明してがっかりですが、もう少しで全部手で潰す作業も終わりそうだし、胡麻もなくなったので、干からびている根切りも多数発見する。

一方第二世代が怖いことも、思った通りに繭化しているものもいた。この根きりが蛾になるのです。これがカブラヤガになるのです。またすぐに産卵するらしいので、フェロモントラップ開発して欲しいものです。

来週は胡麻の移植週間になりそうなので、gokoo earth
空撮の真ん中付近の長い部分のロングホールを征服(播種)すれば(明後日には終了予定)胡麻畑らしくなる筈ですが、まだまだ気が抜けないところですね。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。