1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19日は満員御礼!大成功でした。

  • 2010/06/20(日) 21:49:42

お母様のレコーディングセット
野田の親分さんの地元での単独ライブは一人ぼやきピアノの他、近藤さんの協力で山本さんの声を抽出してピアノとギターで親分さんコーナーをし、6時から最後は9時半過ぎまで満員の客様でオランダ戦をも何くれずご来場頂き本当にありがとうございました。

お店のオーナー安蒜さんからは大入り袋大入り袋を頂き次回半年後の12月くらいの土曜日に次の開催をすることを約束して、山本さんのご自宅に昨日からの連泊させて頂く。

トップの写真は山本さんお母様のレコーディングセットです。
お母様は亡くなったご主人の歌が大好きで、3人の息子達も生まれた時から自然と音楽に溶け込んでいたと言う。

お母様は連日会社帰りにご主人がカラオケ酒場に出向く時に、写真のカセット録音機で録音されていて、ご主人の葬儀でもこの録音された歌を流されたそうです。

「昭和52年12月30日家族全員」と書かれたカセットを18日の夜に聞いていたのですが、全部ご主人の歌で息子3人が待てど暮らせど出てきません。
なんちゅう傍若無人なご主人あり、そして音楽好きな3人の息子の中でも三男坊の泰裕はやっぱり一番お母様のお気に入りだったそうです。そしてご主人は毎晩カラオケ酒場に会社帰りに日参し、帰ってくる合図は北島サブちゃんの「アイヤ~アイヤ~!」が遠くから段々聞こえてご帰還が嫌でも分かったそうです。
お母様は家族全員の歌のファンであり、貴重な録音のレコーディングエンジニアでもあった訳です。
テープを聴きつつ初日の就寝は2時半でした。

ライブ後の夜片付けの終えてご自宅に着くと、お母様は莫大なカセットライブラリーから三男坊オンステージのカセットを探し出してあり、お聞かせ頂く。

「MyWay」を熱唱している三男坊野田の親分は兎に角声が今では考えられないブットイ声で、すすきののカラオケ酒場全員の喝采をえていた。親子3代(お母さんにとってはサヤカちゃんは孫ですものね)2日間に渡っての山本家将に恐るべし!でした。気が着くといつの間にか転寝でお母様に午前3時半に声を掛けられて就寝(反省!)

山本家に泊めて頂いた時の恒例になった朝の江戸川河川敷での朝の散歩、そして近くのガソリンスタンドでの洗車(トリプルポリマー)は雨に日でもワイパー要らずが次回野田に来るまで効果が続くので、オマジナイの気分で今回も雨の予報で諦めていたのですが、もの凄く気温が上がって無事ノルマ達成!

持ってきたサヤカちゃんとのボイトレの為の(やはり1回では無理がありましたが)ピアノセットでご自宅で一人きりのリハーサルを終えて、お店に3時に伺い持っていったオイラのフィルミングの富士山の動画を安蒜さん曰く「おっつけで」プロジェクターと天吊りして準備は会場ぎりぎりで終了。
ライブの様子一人ぼやいているライブの様子

1丁目のNさんのご協力本当にありがとうございました!
今後も半期に一度野田の町でオイラのボヤキが続けられることに感謝の日記でした。

最後に来ていただいた皆様、オイラの我儘にお付き合い頂いた大入り袋を頂いた皆様!本当にありがとうございました!
ブーメランをするイチロー
高架橋をわたる電車天国への階段

3枚の写真は、歩いて1分の江戸川河川敷は原風景が残る最高な場所です。
ブーメランを見事に操るイチロー似の男性と愛犬は見ていて和む。
河川敷に上る階段は山本の親分の天国に続く階段のようです。

水際の葦が生い茂る場所から、久しぶりに聞くヒバリの煩い位の大合唱と、バタバタ飛ぶヒバリの姿!

山では感じられない田園の風景に感動!





スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。