1. 無料アクセス解析

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ感動!

  • 2010/07/12(月) 21:45:22

儚く消えてゆくでも、この速さで表現する事の凄さに感動です!


19日の海の日surfersでお会いしましょう!

オイラのプチ4月楽団デビューです。

感動の帰還!最後は自ら燃え尽きカプセルは無事!

  • 2010/06/14(月) 06:45:02

宇宙探査機「はやぶさ」のニュース凄いね!
USTRAEM
タグが付いている2:58から大気圏再突入で燃え尽きる姿に何とも言えない感動した。

再突入の25分前に送った不完全な母星最後の映像の写真は下の黒い部分は最後の力尽き通信が途絶え黒い。



詳しくは産経新聞の記事に詳しい!

何故か「なんで2番目じゃいけないんですか?」っていう仕分けのシーンが頭から離れません。

オイラはワールドカップよりこっちのニュースがもっと見たかったなぁ。

世界的快挙なのに、日本の報道ってオカシクナイ?

いよいよ!発売日です!

  • 2010/05/25(火) 01:00:44

最初で最後のアルバム「Remaind AofB」表紙
とうとう今日、山本泰裕 最初で最後の懇親のアルバムが一般発売になります。

何せ20代に作曲して30年も熟成した100曲以上のオリジナル楽曲の中からの厳選の楽曲
そして、書き下ろしの高校生の娘にそして生まれてくるだろう娘の子にオヤジが届ける1曲「Dear My Daughter」は必聴です。

先行発売で初版を売り切り発売前にバックオーダーがかかった親から子へキーワードは「絆」のアルバムはインディーズですので、お店でお取り寄せ頂かないと手に入れる事が出来ませんが、内容はオイラが保障しますのでご興味のある方は下記の方法でオーダーなさって下さい。

卸元 ラッツパックレコード
CD番号 CME-A0009
CDタイトル 「Remaind A of B」
税込み3500円

発売を待てずに4月17日に蟄居されましたが、その魂は未だに受け継がれ一粒種のサヤカちゃんに続くのです。

是非是非聞いてみて下さいネ!

分からなかったらコメント欄に入れてください。

山本の親分からメッセージが?

  • 2010/04/24(土) 11:16:51

尊敬するベーシストの広規さんの携帯メールに、昨日の朝、山本の親分さんからメールが届きました。

以下、オイラ宛に届いた文面です。



こういうメールが来たんですが生き返ったのですか?

それとも天からでしょうか?

----------------
From: sent-life*5*1@*******
Date: Fri, 23 Apr 2010 07:35:54 +0900 (JST)
To: k*k*21*9@*******
Subject: 山本泰裕です

今度うまい酒を送ります。
今日はありがとうございました。



文面は至って簡潔です。
驚きな事に、山本さんの確かなメルアドです。

今さっき娘さんのサヤカちゃんに送って聞いた所、今日携帯を解約するので今日までは携帯は生きているそうです。

山本さんのお母さん、サヤカちゃんにとってのおばあちゃんが所有管理しているぼですが、80歳を超えているおばあちゃんが、未送信のメールを送ったとしか?思えません。

以外は?????

広規さんも、オイラも天国からのメールだという事に今のところしています。

さやかちゃんがおばあちゃんに何気に聞くと言っていましたが。

こんな事ってあるのですね!

少しも変な感じはせず、山本さんらしいと思ってしまうのは、故人の人徳でしょうか?

しかし、文面からすると今日は広規さんのレコーディングの昨年12月3日と言うことになります。

変更になった5月5日(山本さん!何時までたってもこどもの日にお別れ会ですか?)には、広規さんもこの日は参加して下さる予定ですので、お酒が届いたらみんなで飲みましょう!

今、サヤカちゃんから電話が入りました。

山本さんの携帯を確認したところ、送信履歴にあったそうです。

しかし、その日その時はみんな寝ていて携帯をいじった人はいないそうです!

やっぱり、山本さんは山本さんで、今でもお茶目で遊んでいるって事でしょう!

それだけ広規さんのベースがアルバムに入って嬉しかった事のお礼が心残りだったのでしょうね!

何て、不思議だけれども爽やかなのでしょう!

サヤカちゃん曰く、私にはメールが来ない!ってちょっとご機嫌斜めでした。

お別れ会にサヤカちゃんが亡くなった当日に書いた詩に、昨夜曲を乗せました。

当日、サヤカちゃんのポエトリーリーディングで、オイラがピアノでサビだけ皆さんで歌いたいと思って居ります。

April Snow

今感じる、溢れる、戦う、悲しみは、あなたへの想い
もう少しだけ一緒に、感じていたかった
ねえ私の話しきいて
もう一度声をきかせて
今となっては決して戻せない時間だから
残っているのは届かない思い
愛しくかんじる

ねぇ、もっと話そうよ
ねぇ、もっと笑おうよ

☆どんな人生だった??
どんな幸せだった??
ききたいこと、もっともっとたくさんあるのに…
突然に返らなくなった返事
いつまでも待ってる

流れる涙は、あなたの人生
沢山の思い出、もっと作りたかったよ!
もっとここにいて
もっと遊んで
April snow そんなの
寒すぎるし違うと思うよ!

ねぇ、そろそろ起きようよ
ねぇ、すっかり真っ白な朝だよ

あなたがいなくっても
何一つ変わらないけれども、今朝は季節はずれの真っ白な世界
でも私たちの暮らしは
そうあなたがいたから笑顔を知れた。

4月に降る雪、これは最後にくれたあなたからの贈り物
(サビ繰り返し)

野田の山本親分当日は神降臨宜しくお願い致します。

今年の誕生日は男泣き号泣!

  • 2010/04/18(日) 22:24:45

17日私は54歳を迎えました。

そしてこの同じ日に、知り合って1年足らずですが、もの凄い濃い時間を共有させて頂いた方が、全ての仕事を片付けて生涯初めてで最後になってしまったアルバムの発売日を待てずに天に召されてしまいました。

何故に、絶対に忘れる事が出来ない日に!お知らせを知った時の本当の気持ちでした。

その方は、1月21日52歳を迎えられ、余命1年と宣告されてから4年間「3ヶ月一生」と目標を立てられ、「お前がいい加減に生きた1日は、誰かが死ぬほど生きたかった1日」と自らを律して、懸命にそして本当に命を削って全てのやらなければいけないことを完全に遂行して、大好きな家族、仲間達に見取られ静かに永眠を選択したように思います。

その人は、何度か私のこのブログでも書いた事がある山本 泰裕さんです。

13日にある会社の主催する会で2時間に及ぶご自身の講演を最後に、翌日から肺炎を患い廻りの心配を最小限に最後まで潔い4時44分としかし、4月の狂ったような10cmも積もる吹雪を興して天命を全うしました。

ご自身のブログにてご自分の現在の病状を(3月4日)に書かれて居ります。

山本さんのお話でもっとも印象的で忘れられない事「褒めて、認めて、励まして、過ぎた事は全て許す!」
山本さんは、過去は生ゴミ、批判やダメ出しは資源ゴミ、配偶者は燃えないゴミと笑いを取りながら、パートナーシップの大切さ!を仲良しだけでは無い思いやりのある(ティーアップ)人間関係を何時も訴えていたと思います。

そして、最高のご自身のCDアルバムは8日に身内の会で先行発売し、お話しとサインを1枚1枚書かれたと言います。
私も、翌日の9日にピアノ演奏でご一緒させて頂く予定でしたが、体調不良で叶わない夢となりました。

一般発売の社会的事情を抜いては、既にアルバムはリリースしているし、会場では飛ぶようにCDは売れていました。

自分の事情ですが、16.17日とライブのスケジュールがあり、山本さんの一粒種のサヤカちゃんから16日の午前中に、もしかしたらこれからの1週間が山になりそうって連絡を貰っていて日曜日に伺うと伝えていたのに、待ってはくれませんでした。

山本さんは、全然参加予定では無かったこのアルバムに私をモノの見事に巻き込み、音調調整(出来た音全ての整理作業、ミックスダウン)の代弁者に抜擢し共有のサーバーに上がった音データを病室で、監督して全て思いを込められたと思います。

しかしながら、私にとっては突然すぎる訃報。

昨日ライブに間に合うように20cmを超える積雪で国道もタラタラ運転の山中湖より、一路野田のご実家に伺わせて頂きました。

行き帰りの車中は出来上がる直前のMixDown中の山本さんのCDを爆音で聞きながら、理由の無い涙が止まらない。

ご遺体を前に思わず、自分の人生では経験の無い悔しさが込み上げるのですが、ご本人は本当にただ寝ているような、穏やかな息をして何時でも「やぁ!」って言いそうな穏やかなお顔。

ほんの短いお付き合いでしたが、家族付き合いの様になっていたので、ご家族の気丈なお姿の前でお見苦しい姿をお見せした事、お許し下さい。

アルバムには収録しませんでしたが、サヤカちゃん歌詞でお父さんへの歌を作っていました絆(PAPAへ)誕生日に照れるサヤカちゃんの代わりに届けました。

そして17日伺った時に、親から子に伝わった才能の詩を山本さんのお別れに書いてポエトリーリーディング出来たらと勝手に思いサヤカちゃんに伝えました。

夕方、携帯のメールにサヤカちゃんから凄い詩が届いていました。

内容は公表出来ませんが、April Snowの一説が心にグサッと何時もひょうきんで、驚きと感動の為に生き抜いた山本さんへの思いの篭った詩が。

30日のお別れ会に間に合うように絶対良い曲を書きます。

山本さん!ゆっくりと本当にゆっくりとお休みなさい!

あなたの分まで、あなた程のスピードはありませんが、毎日毎日を生き抜いて行かせて頂きます。

先程、お風呂で花粉症ではない目頭周辺が痛痒いオイラではあります。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。